メインイメージ
ホーム新着情報活動報告提言・レポート温泉統計書籍・文献会員リストコミュニティ用語集
HOME > 会員発 > 1200年祭間近!お遍路プチ体験

会員発

温泉まちづくり会員のまちづくりに関する取り組みや調査結果などを掲載しています。

1200年祭間近!お遍路プチ体験 道後温泉


2014/07/02

dogo_20140702_01.jpg2014年は四国遍路開創1200年の記念の年!
本格的なお遍路をいきなり始めるのではなく、まずは五十一番札所石手寺にお参りして、プチお遍路を体験しませんか?
ガイドと一緒なら見どころ満載のお寺がいっそう楽しい♪
 
◆立ち寄りポイント
 
・カラクリ時計・放生園
道後駅に着いたら一番初めに目に入るカラクリ時計。道後温泉本館百周年を記念して作られたこの時計は、毎正時に3分程度のカラクリを上演。4段の高さにせりあがる所は是非見ておきたい!
 
・石手寺衛門三郎石像
石手寺に着くと正座をした石像が迎えてくれます。これぞ『再来伝説』の衛門三郎像。四国遍路の起源となった物語とは!?
 
・国宝二王門
鎌倉時代に建造された堂々たる楼門。両脇の大わらじは閏年(うるうどし)にかけかえ。お遍路さんたちは、この大わらじに触れてから疲れた脚をさすります。元気に歩きとおせるようにと願いをこめて・・・。
 
・三重の塔
国の重要文化財に指定されている三重塔は石手寺のシンボル的建造物。周囲に八十八箇所霊場のお砂が集められ、これを撫でながら祈ると遍路をしたのと同じご利益(りやく)が得られるとか。
 
・マントラ洞窟
実は石手寺境内で最も霊気の強い場所と言われているマントラ洞窟入り口。洞窟の中を歩いて抜けることで、母親の胎内に再び戻り、生まれ直す意味合いもあると言われています。
 
・奥の院
黄金のパゴダの中には五百羅漢。断食修行中のブッダも鎮座する不思議スポット。静まり返った空気の中、石手寺のエネルギーをいっそう強く感じられるところ。
 
http://matsuyamahaiku.jp/private/petit_henro.php


Googleブックマーク yahooブックマーク はてなブックマーク