メインイメージ
ホーム新着情報活動報告提言・レポート温泉統計書籍・文献会員リスト会員発用語集
HOME > 用語集 > > 温泉法
用語集

温泉法

読み

おんせんほう


用語解説

温泉を保護し、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害を防止し、及び温泉の利用の適正を図り、もって公共の福祉の増進に寄与することを目的とした昭和23年制定の法律。
温泉の保護については、温泉掘削等の許可制や温泉源保護の措置等が定められている。また、温泉の採取に伴う災害の防止については、温泉採取の許可制等が定められている。さらに、温泉利用に対しては、温泉の公共的利用の許可制や温泉成分・禁忌症等の掲示、公共的利用増進を図るための国民保養温泉地の指定等が定められている。平成17年には法改正が行われ、温泉利用施設は、従来の温泉成分等の掲示に加え、温泉成分に影響を与える項目(①加水の有無、②加温の有無、③循環の有無、④入浴剤利用の有無・消毒方法)を追加して掲示することが義務づけられた。






Googleブックマーク yahooブックマーク はてなブックマーク