メインイメージ
ホーム新着情報活動報告提言・レポート温泉統計書籍・文献会員リスト会員発用語集
HOME > 用語集 > > 間欠泉
用語集

間欠泉

読み

かんけつせん


用語解説

一定の時間間隔をおいて、周期的に熱湯や高温の蒸気を起き追いよく噴出するもの。地殻の岩盤の空洞や割れ目の中の水蒸気圧が高まることによって、湧出口にたまった温泉などを噴出させるといわれている。しかし、地震等の影響により、消滅したり、湯量が減少することもある。






Googleブックマーク yahooブックマーク はてなブックマーク