メインイメージ
ホーム新着情報活動報告提言・レポート温泉統計書籍・文献会員リスト会員発用語集
HOME > 用語集 > > 外湯
用語集

外湯

読み

そとゆ


用語解説

温泉地のまちなかにある日帰りの共同浴場のこと。
古くは、温泉が自然湧出する場所に浴場が作られて地区共有の財産とされ、その周辺に宿泊施設が建ち並んで温泉街を形成した。近年になって掘削や引湯の技術が発展した結果、新たな泉源からも各宿泊施設へ温泉を引湯できるようになり(内湯の誕生)、外湯が衰退した温泉地も多いが、城崎や草津、野沢などでは現在も外湯が多く残り、住民や町外からの入浴客で賑わっている。






Googleブックマーク yahooブックマーク はてなブックマーク