メインイメージ
ホーム新着情報活動報告提言・レポート温泉統計書籍・文献会員リスト会員発用語集
HOME > 新着情報 > 2016年

新着情報

バックナンバー 2016年

2016/11/10
イベント
「2016年度第2回温泉まちづくり研究会」を鳥羽温泉で開催しました(10/25-26)
7つの温泉地と当財団が共同で研究活動を進めている「温泉まちづくり研究会」(2008年発足)。2016年度第2回研究会を10月25日(火)、26日(水)の2日間、会員温泉地の一つである三重県鳥羽市の鳥羽温泉郷で開催しました。概要は以下の通りです。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

10月25日(火)
【研究会】(会員限定)
サミット開催の舞台に学ぶ〜鳥羽温泉郷の魅力と取組〜
会場:海の博物館 映像ホール

1.開催挨拶 
 大西雅之氏(温泉まちづくり研究会 代表)
2.来賓挨拶
 鈴木昭久氏(国土交通省中部運輸局 局長)
3.開催温泉地からの報告
 「地域資源活用 鳥羽まちづくり観光戦略」
 吉川勝也氏((一社)鳥羽市観光協会・鳥羽市温泉振興会 会長)
4.各温泉地からのコメント・現状報告
5.閉会挨拶
  梅川智也(温泉まちづくり研究会 事務局長)

終了後、グランドエクシブ鳥羽にて交流会

10月26日(水)
【研究会】(公開)
温泉まちづくりサミットin鳥羽温泉郷
温泉地と国際MICE~伊勢志摩サミットを例にして~
会場:グランドエクシブ鳥羽アネックス マリンポート

1.開会挨拶 
 大西雅之氏(温泉まちづくり研究会 代表)
 梅川智也(温泉まちづくり研究会 事務局長)

2.開催温泉地挨拶
 木下憲一氏(鳥羽市 副市長) 
 吉川勝也氏((一社)鳥羽市観光協会・鳥羽市温泉振興会 会長)

3.プレゼンテーション
① 温泉ちづくりサミットの趣旨等説明
  守屋邦彦(温泉まちづくり研究会 事務局次長)
② 国からみた伊勢志摩サミット
  鈴木昭久氏(国土交通省中部運輸局 局長)
③ 県からみた伊勢志摩サミット
  村上亘氏(三重県伊勢志摩サミット推進局 局長
     伊勢志摩サミット三重県民会議 事務総長)
④ 地元らみた伊勢志摩サミット
  奥村太郎氏(伊勢志摩サミット鳥羽おもてなし会議 事務局)
  川勝也氏((一社)鳥羽市観光協会・鳥羽市温泉振興会 会長)
    世古晃文氏((一社)鳥羽市観光協会 専務理事)

4.ディスカッション
 鈴木昭久氏(国土交通省中部運輸局 局長)
 村上亘氏(三重県伊勢志摩サミット推進局 局長)
 奥村太郎氏(伊勢志摩サミット鳥羽おもてなし会議 事務局)

 <会員温泉地代表>
 大西雅之氏(NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構 理事長)
 吉川勝也氏((一社)鳥羽市観光協会・鳥羽市温泉振興会 会長) 
 金井啓修氏(有馬温泉旅館協同組合 専務理事)
 新山富左衛門氏(道後温泉旅館協同組合 理事長)
 安部順一氏(由布院温泉旅館組合 事務局長)
 松崎郁洋氏(黒川自治会 会長)
 
 コーディネーター 梅川智也(温泉まちづくり研究会 事務局長)

--------------------------------------------------------------------------------

 今回の研究会には開催地の鳥羽をはじめ、阿寒湖、有馬、道後、由布院、道後の6つの会員温泉地の皆さん、オブザーバーとして北海道大学公共政策大学院の小磯修二特任教授が参加されました(草津温泉の皆さんは他イベントが重なり欠席)。
 1日目の10月25日は午後に集合して現地視察へ。最初に志摩観光ホテルを訪れ、今年5月に開催された伊勢志摩サミットでG7首脳が会食を行ったレストランなどを見学。

 続いて、海女による地域おこしに力を入れている相差(おうさつ)地区の海女小屋や海女文化資料館、「願いが一つだけ叶う」として女性に人気の神明神社へ。
 その後、雨が激しくなったためバス車窓からとなりましたが、伊勢神宮に奉納する熨斗鰒を作るため、海女達がアワビを獲る御潜(みかづき)神事が行われる国崎(くざき)地区の老の浜を見学しました。
 最後に、鳥羽の海の文化に関する展示をしている海の博物館を見学後、館内の映像ホールで会員限定の研究会がスタート。
 当研究会の大西雅之代表と来賓挨拶に続き、鳥羽市観光協会・温泉振興会の吉川勝也会長から鳥羽の観光まちづくりについてのプレゼンテーションが行われ、鳥羽では地元産水産物の域内調達率調査やブランド化、体験プログラムの造成など、漁業と観光の連携が進められていることなどが語られました。最後に、会員温泉地の代表からのコメントと現状報告が行われました。

 2日目はグランドエクシブ鳥羽アネックスのコンベンションホール・マリンポートで、一般公開の研究会が行われました。5月の伊勢志摩サミットにちなみ、タイトルは「温泉まちづくりサミットin鳥羽温泉郷」。国際的なMICEを開催した際の経験や課題を共有することが今回の大きな目的です。
 開催地を代表し、鳥羽市の木下憲一副市長と吉川会長の挨拶に続き、国、県、地元それぞれから見た伊勢志摩サミットでの取り組みについてのプレゼンテーション、伊勢志摩サミットによる観光的な成果や課題が発表されました。
 「国から見た伊勢志摩サミット」として国土交通省中部運輸局の鈴木昭久局長からは、中部運輸局の取り組みが紹介されました。サミット開催前後に行った伊勢志摩周辺に関するSNSの観光情報発信が好評で、リーチ数は32万以上に。「最も多かったのはイタリア、次いでフランスとこれまで弱かった欧州からのリーチが多くマーケットが広がった」と評価しました。
 「県からみた伊勢志摩サミット」として三重県伊勢志摩サミット推進局の村上亘局長からは、サミット開催中に供された食事や贈呈品などで少なくとも269品目の県産食材、42品目の県産品が活用されたことが紹介されました。開催の大きな成果としては、若い世代を中心に県民が積極的におもてなしに参加したことが挙げられました。
 「地元からみた伊勢志摩サミット」として、伊勢志摩サミット鳥羽おもてなし会議事務局奥村太郎氏は、海外メディアを招いた鳥羽のプレスツアーが好評で、フランス版ナショナル・ジオグラフィック誌など多くの媒体に取り上げられたことを紹介しました。「各国とも海女文化への関心が非常に高かった。あれもこれもと売り込み対象を広げず、明確に絞り込むことが大事」という感想を語りました。
 また、(一社)鳥羽市観光協会の世古専務理事からは、伊勢志摩地域の知名度が上がった反面、「サミット開催前の4~5月は客室があいているのにもう予約でいっぱいという風評がかなり出回った」という影響もあったことを指摘。そして最後に(一社)鳥羽市観光協会・鳥羽市温泉振興会の吉川勝也会長より、「受け入れ現場では苦労もあったが、鳥羽のポテンシャルを発信することができた。今は遠隔地の団体客やインバウンドも増えている」とサミット開催の波及効果を評価しました。

 ディスカッションでは、道後温泉旅館協同組合の新山富左衛門理事長から「サミットの成果を風化させない施策として、どんなことを考えているか」という質問が投げかけられました。村上氏は「伊勢志摩サミット三重県民宣言を制定して、次の世代に成果をつなぎたい」とコメントしました。
 オブザーバーの小磯氏からは「洞爺湖は環境サミットという位置づけだったが、県産品を大いに活用した伊勢志摩は『地産地消サミット』と言える。域内調達率がさらに拡大する契機になれば」、黒川温泉の松崎郁洋黒川自治会長からは「こうした大イベントには住民の協力が不可欠。協力を得るには日頃から地元で支持される観光業者であることを目指すべきと感じた」という感想が寄せられました。


 最後に「この温泉まちづくり研究会も9年目を迎え、会員同士が身内同士のように非常に親しく交流できている。今後は我々会員温泉地でも、サミットのように共同宣言のようなものが出せたらいいのでは」という大西氏の閉会挨拶で、2日間に渡る研究会が締めくくられました。



 



2016/07/12
イベント
「2016年度第1回温泉まちづくり研究会」を開催しました(7月1日)
7つの温泉地と当財団が共同で研究活動を進めている「温泉まちづくり研究会」(2008年発足)。2016年7月1日(金)、当財団会議室で2016年度第1回温泉まちづくり研究会が開催され、会員7温泉地の皆さんが集まりました。概要は以下の通りです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1. 開会
2. 挨拶 大西雅之氏(温泉まちづくり研究会 代表)
    金井啓修氏(温泉まちづくり研究会 副代表)
    桑野和泉氏(温泉まちづくり研究会 副代表)
3. 議事
    進行 梅川智也(温泉まちづくり研究会 事務局長)
      守屋邦彦(温泉まちづくり研究会 事務局次長)

  【第1部】総会
   (1)2015年度事業報告・決算報告
   (2)2016年度事業計画案・収支計画案

  【第2部】各温泉地からの報告
   (1)黒川、由布院、道後(熊本地震発生から現在の状況など) 
   (2)阿寒湖、草津、鳥羽、有馬

  【第3部】当研究会の第4ステージ(2016〜18年度)の進め方
   (1)事務局より報告 (これまでの研究会活動の振り返りと今後の展開) 
   (2)意見交換(これまでの研究会活動の成果・課題) 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 「この研究会は、3つのステージに分けてこれまで8年間、活動を行ってきた。9年目を迎える今年度からは第4ステージと位置づけ、今後3年間でどう進めていくかが今日のメインテーマ」という梅川智也事務局長からの挨拶で会がスタートしました。
 続いて梅川事務局長は「昨年12月に『災害と温泉地』というテーマで研究会を開催したが、今年4月に発生した熊本地震で何が出来たか、忸怩たる思いがある。会のあり方も改めて考えていきたい」と述べました。
 大西雅之会長は「この8年間の活動を通じて、7つの温泉地が本当に仲間になれた。顔が見える関係が築けていた中で熊本地震が起こり、本当に胸が痛んだ。まだまだ大変な時に、九州の温泉地からこの会に参加いただいてありがたいと思う」と述べました。
 そして釧路市(阿寒湖温泉)で入湯税のかさ上げを行ったことにふれ「最初は大きな反対があったが、地域で危機感を共有でき、最終的には全会一致で導入できた。今回の熊本地震で黒川温泉も由布院温泉も大変な状況だが、そういう時こそ新しい財源づくりに挑戦する絶好のチャンスではないかと思う」と語りました。


 第1部の総会では、事務局から昨年度の事業報告及び本年度の事業計画案についての説明を行いました。
 守屋邦彦事務局次長からは本年度の事業計画について、「現場に学び、互いに学び合う『実践型研究会』という従来の位置づけを踏襲しつつ、さらにテーマを絞り込んで年間、あるいは複数年に渡る議論も行っていければ」という話がありました。
 今年度の研究会は、今回を含め計3回の開催を予定しており、第2回目は10月25・26日の2日間に渡り、「(仮)温泉地と国際MICE〜伊勢志摩サミットを例にして」というテーマで、鳥羽温泉で開催を企画しています。第3回目は12月に東京で開催予定です。
 

 第2部の各温泉地からの報告は前後半に分け、前半では熊本地震の発生から現在までの状況について黒川、由布院、道後の3温泉地の方々よりお話しいただきました。
 黒川温泉観光旅館協同組合事務局長の井聖富氏からは「ゴールデンウィーク後、しばらくはぴったり客足が止まった。今は少しずつ客足が回復しているが、例年に比べれば非常に少ない。被害状況に関するテレビ局や新聞などメディア取材が多くきたが、回答がぶれないように発言者はすべて組合長のみに統一した」という話がありました。
 続いて、当研究会の副代表を務める由布院温泉観光協会長の桑野和泉氏は「4月18日に、『被害が大きいところもあるが営業可能な店舗や事業所は再開している』と地震後初のメッセージを出した。対外的な発信とともに、可能な事業者から営業してほしいというエリア内へのメッセージでもあった。それによって営業再開のスピードは早まったと思う」と述べました。
 また、「地震をきっかけに自分たちの町について改めて考え、今まで忙しくて逃げていた課題についてじっくり議論する時間ができた。また、今まで大分県内の市町村は観光誘致に関して動きがバラバラだったが、ネットワークが強化された」とのこと。由布院温泉と黒川温泉では連泊割引プランの実施や共同イベントを開催するなど、連携が一層強化されていることも報告されました。

 第3部では、今後の研究会の進め方について議論を行いました。これまで当研究会では、多様なテーマを勉強・議論してきましたが、これらが各温泉地でどのように活かされてきたのか、また今後どのような活動を行うことが望ましいかといった点について、各温泉地の方に、自由に意見を述べていただきました。
 今年2月、研究会で初めて取り上げた雇用の問題については引き続き関心も高く、「各温泉地にとって重要課題なので、今後もとりあげてほしい」「新たな人材の確保も大事だが、今働いている人材にいかに働き続けてもらうかを考えることも大事では」などさまざまな意見が出されました。




2016/07/05
トピック
2015年度 温泉まちづくり研究会 ディスカッション記録 発行
本書は「温泉まちづくり研究会」が2015年度に取り組んだディスカッションの記録であり、全国の温泉地の方々がよりよい温泉まちづくりに向け、具体的なアクションを起こすヒントになる一冊です。「温泉まちづくり研究会」は、7つの温泉地(北海道阿寒湖温泉、群馬県草津温泉、三重県鳥羽温泉、兵庫県有馬温泉、愛媛県道後温泉、大分県由布院温泉、熊本県黒川温泉)が、日本の温泉地、温泉旅館が抱える課題について、共に解決の方向性を探り、活性化に資することを目指しています。本書では「黒川温泉の魅力の根源にせまる~黒川の「ふるさとらしさ」はどこから生まれるのか~」「温泉地と災害を考える」「温泉地の雇用と人材の問題を考える」の3つのテーマを紹介しています。



2016/03/09
イベント
「2015年度第3回温泉まちづくり研究会」を開催しました(2月26日)
2016年2月26日(金)、当財団会議室で2015年度第3回温泉まちづくり研究会が開催されました。概要は以下の通りです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
開会の挨拶

1. 開会
2. 挨拶 金井啓修氏(温泉まちづくり研究会 副代表)
     桑野和泉氏(温泉まちづくり研究会 副代表)
3. 議事
  (1) はじめに:企画の趣旨
        梅川智也(温泉まちづくり研究会 事務局長)
      堀木美告(温泉まちづくり研究会 事務局次長)
    (2) 基調報告
        温泉地における雇用の現状と課題 -草津温泉を例にして
        株式会社中沢ヴィレッジ 代表取締役会長   中澤敬氏
   (3) 話題提供1
        旅館専門求人サイト「旅館求人コム」の取り組み
        株式会社プライムコンセプト 代表取締役社長 的場弘明氏
        話題提供2
        これからの温泉地の旅館に必要となる人材像と対応策
        跡見学園女子大学 観光コミュニティ学部 教授 松坂健氏
  (4) 会員温泉地からの報告
        各温泉地の雇用・人材に関する課題と対応策
  (5) 意見交換
  (6) 次年度の進め方
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 今回のテーマは「温泉地の雇用と人材」。以前から、この研究会で議題にたびたび上がっていたテーマの一つです。交流人口を活発化するにしても、受け入れる地域側にそれを下支えする一定の労働力が確保されていることは不可欠と言えます。

 最初に基調報告として、以前から当研究会で今回のテーマについての投げかけを行っていた株式会社中沢ヴィレッジの中澤敬代表取締役会長から、改めて問題提起とともに、草津温泉での雇用の現状と課題についてのお話がありました。
 中澤氏は「生産年齢人口が確実に減少する中、人手不足に悩むのは我々の業界だけではない」として、他の業界と比べた宿泊・観光業の位置づけや給与ベース、待遇について改めて見直す必要があると指摘しました。
 草津町では働く両親をサポートするため、4月から土曜の学童保育を開始するほか、シングルマザー・ファザーを観光地の働き手として取り込むべく、町営住宅の入居条件の緩和も検討されているそうです。また、中澤氏は「外国人の積極的な登用も視野に入れる必要があるが、単に労働力としてではなく、互いにとってwin-winな関係とは何か、きちんと考えることが大事」と語りました。


 続いて2名の講師の方からテーマに関する話題提供が行われました。1人目は旅館専門求人サイト「旅館求人コム」を運営する株式会社プライムコンセプトの的場弘明代表取締役社長らの報告です。
 同社はホテル・旅館専門のコンサルティング会社で、全国500施設以上のサポート実績があり、その経験をもとに旅館専門の求人サイト、2015年4月に「旅館求人コム」を立ち上げました。現在約500施設が登録、約1200人の求人数が掲載されており、現在の内定率は80%に達しています。
 登録会員の男女比は男性56%、女性44%と男性がやや多く、年代別では20代が47%と最も多く、10代と合わせると55%と過半数を占めています。意外と多いのが40代の21%で、仲居職のニーズがあるためと見られます。的場社長は「他業界への人材流出を防ぎ、旅館業界で働くことが幸せとなるようにしたい」と同サイト立ち上げの動機について語りました。


 2人目は跡見学園女子大学観光コミュニティ学部の松坂健教授です。会場には「ホテル旅館業界における人材不足問題における人材不足問題を考えるためのドリル集」と題したプリントが配布されました。
 「人員不足を解決するには時間給はいくらにすればいいのか?」、「経営者の仕事は今と昔では何が違うのか?」など、シンプルでユニークな設問と空欄が並びます。参加者の方々に空欄を埋める答えを考えてもらいながら、問題点を浮き彫りにしていきました。


 続いて、会員温泉地の皆さんから、各地の雇用状況や人材活用についてさまざまな観点から報告、お互いの温泉地に対する質問や悩みの共有が活発に行われました。最後に梅川智也事務局長からは「今日の話をベースに、雇用に関してよい取り組みをしている事例を、ベストプラクティスとして共有したい」という話がありました。



2016/02/15
イベント
2015年度 第3回温泉まちづくり研究会開催日程のお知らせ

2015年度 第3回研究会の開催日程について、下記の通りお知ら せいたします。

----------------------------------------------------------

日時:2016年2月26日(金) 14:00~17:30

場所:(公財)日本交通公社 会議室

------------------------------------------------------------

1. 開会

2. 挨拶(代表・副代表)

3. 出席者紹介(講師他)

4. 議事

  (1)はじめに:企画の趣旨

     事務局 (公財)日本交通公社

  (2)基調報告

     温泉地における雇用の現状と課題 -草津温泉を例にして

        株式会社中沢ヴィレッジ 代表取締役会長   中澤敬氏

  (3)話題提供

     旅館専門求人サイト「旅館求人コム」の取り組み

        株式会社プライムコンセプト 代表取締役社長 的場弘明氏

  (4)話題提供

     これからの温泉地の旅館に必要となる人材像と対応策

        跡見学園女子大学 観光コミュニティ学部 教授 松坂健氏

  (5)会員温泉地からの報告

     各温泉地の雇用・人材に関する課題と対応策

       ※1温泉地あたり10分×7温泉地=70分を想定

  (6)意見交換

  (7)次年度の進め方

5. 閉会



なお、プログラムの詳細につきましては添付ファイルをご確認ください。







Googleブックマーク yahooブックマーク はてなブックマーク